ドローンレースから学ぶスポーツビジネスの収益構造00:00

  • 0

今回は、僕たちライデンレーシングが参戦している
ドローンレース最高峰の大会Drone Champions Leagueから見る
スポーツイベントの収益構造を説明していきたいと思います。
レッドブル、マクドナルド、テンセントと名だたる大企業をスポンサーに迎えているDCLは、どのように大会をマネタイズしているのか?
実体験から解説していきます。

このチャンネルでは、僕が体感してきたドローンレースの話を始め、それにまつわるスポーツ業界全体でのビジネスの話を中心にお話していきます。
ドローンレース業界を始め、スポーツ業界全体を盛り上げていきましょう!
動画を見て、良いね!と思っていただければチャンネル登録・GOODボタンをよろしくお願いいたします!!

【小寺 悠プロフィール】
■生まれ 1991年
■出身 大阪府

■2015年
JDRA(日本ドローンレース協会 代表理事)
■2016年
世界大会DSA(ドローンスポーツアソシエイション)に日本チームを送り出す
JAPAN DRONE NATIONALS 2016 IN SENDAIを主催
「TBSチャンネル2」GYAO!『DRONE TV』にて配信
■2017年
第2回 JAPAN DRONE NATIONALS 2016 IN SENDAIを主催
■2018年
日本初のプロドローンレーシングチーム「RAIDEN RACING」を発足
ヨーロッパの世界最高峰のプロリーグ「Drone Champions League」DCL参戦
中国プロリーグ「X-FLY」「Drone GP」参戦
DMM.comがRAIDEN RACINGのオフィシャルスポンサーへ
■2019年
「Drone Champions League」DCL参戦
■2020年
日本最大のドローンレーストーナメント「SUPER DRONE CHAMPIONSHIP」を共同主催
「TOKYO MX」「AbemaTV」「GAORA SPORT」「dTV」「ひかりTV」にて配信

【公式ソーシャルメディア】
https://linktr.ee/raiden_drone

【お問合せはこちら】 info@teamraiden.com
・仕事のお問合せ(空撮、イベント企画、出演、タイアップなど)
・スポンサーのお問合せ
・その他、チームに関するお問い合わせ
・求人のお問合せ

Bookmark and Share
    1. DroneRaceCH

Enjoyed this video?
"No Thanks. Please Close This Box!"